離乳食に文句をつける主人。冗談だとしてもこんな言葉許せない!

書き込み

おっぱいが大好きだった娘。
完母で育てていたものの、パパママの食事を見てはよだれを出したり口をモグモグするようになったので5カ月になってすぐ離乳食をスタート!

嫌がるかなー?と思っていたけれど、意外にもおかゆも野菜ペーストも順調にすすみました。
おっぱいもたくさん飲んでくれて、体重も問題なく増えて一安心だった離乳食初期。

つまずいたのは中期になった頃。
少し素材の形を残してより食事らしくなったら、娘の食事量が減った、、というより拒否するようになりました。
少しずつ味をつけるようにしたり、与えるたんぱく質の種類が増えた頃。
調理にも時間がかかるのに、苦労して作ったものを全て嫌がられるとショックで仕方ありませんでした。

主人に愚痴を言っていたら、一言。
「ママの料理がマズイんじゃないの?」
耳を疑いました。
こんなに頑張ってるのに。
いろいろ工夫してるのに。
労ってくれたっていいんじゃないの?

一度だって離乳食作りも、娘に離乳食あげるのだって手伝ってくれたことないくせに。
冗談だとしてもあんな言葉許せない!!!
主人のご飯も作りたくなくなりました。

その後娘はあの時食べなかったのが嘘かのようにモリモリ食べるように!
本当に安心しました。
でも主人からのひどい言葉は絶対に忘れない!






940 bc15h19o 2019/01/19(月) 10:15 0 コメント 4アクセス 0

コメント