義父が言い放った一言に私は呆然。人の気持ちを考えられない義父にイライラを通り越してショック、、、

書き込み

私がまだ妊娠中、お腹の子の性別が女の子とわかった頃。

遠方に住む義姉が甥っ子2人を連れて帰って来ていたので主人と義実家に遊びに行きました。

良い機会だったので性別を発表!そしたら義母は、まだ決定じゃないんでしょ〜?と。

義父にいたっては産まれてから知りたかったという始末。

喜んでもらえると思ったのに拍子抜け。

さらにつぎの瞬間、義父が言い放った一言に私は呆然。

お姉ちゃん、雛人形買ってあげたいからもう1人女の子産んでよ〜!
義姉に向かってこう言い放ちました。

いやいや、今私のお腹の子の話してたのに。

しかも女の子なのに!

自分のお腹の子の存在を否定されたような感覚で、とてもショックでした。

さすがに辛かったので帰りの車で主人に伝えると、主人も私と同じような気持ちになっていました。

さすがにひどいよね、と。

その後雛人形は私の両親が買ってくれたし、娘のことは義両親も可愛がってくれているけれど、義姉が帰ってくるたびに今でも義父があの発言をするたびにイライラ!

おかげで私は自分の実家へ行く頻度が増して義実家へ顔を出す頻度が減りました。






797 bc15h19o 2019/01/12(月) 09:27 0 コメント 11アクセス 0

コメント