産後1日目の悲劇!デリカシーのなさすぎる義理両親に夫婦で唖然。

書き込み

予定日超過してもなかなか産まれて来なかった娘。

入院後陣痛促進剤もなかなか効かず、破水したものの陣痛もつかず。

やっと少し痛くなってきたと思ったのに、大きくなりすぎた娘はなかなか下に降りて来られない。

母子の安全を第一にとの理由で結局緊急帝王切開になりました。

はじめての出産。

出来れば経膣分娩をしたかった。

痛かったのに、頑張ったのにといろんな思いがこみ上げたけれど、無事に娘に会えた時はやっと会えたと幸せな気持ちでした。

入院してから3日がかりでした。

手術後はもちろん絶食。

寝たきりの一晩を過ごし、翌朝麻酔のきれた身体はボロボロで、歩くのはもちろん少し動くのだって一苦労。

痛みが激しく、それでも産後1日目から母子同室で娘のお世話をしました。

主人は翌朝昼から面会ギリギリの20時までいてくれたのですが、悪夢はその最中に。

この日は実の両親や弟たちが夕方来てくれると連絡があり、夕食時間を避けて娘に会いに来てくれました。

その後夕食。

主人が娘を見てくれている間に急いで食事をしている時に、部屋のドアがなりました。

こんな時間に誰だろう?と思いつつもどうぞと声をかけようとしたらその前に開くドア。

男の人の声。

もしかして、、、と思ったら義両親でした。

まさかのノーアポ。

わたしはその時、すぐにおっぱいを欲しがる娘のためにパジャマのボタンはあいたまま。

すぐにしめて見られることはなかったものの、入院からお風呂も入れずボロボロの姿。

実の家族に会うのとはわけが違います。

絶句でした。

なんで連絡をくれないのと主人は言ってくれたけれど、返事をすることもなく到着した途端娘を抱く義理父。

泣き出したら義理母へ。

オムツかな?変えてあげる〜!と頼んでもないのに勝手にオムツを替えはじめる義理母。

主人も私もしばらく唖然としてしまいました。

出産を2度も経験している義理母。

わからないですかね普通。

帝王切開だってことも伝えていました。

来る時は連絡くださいとも言っていました。

お乳は出ているの?とお約束のように聞いてくる。

産後1日目で初産のわたし。

そんなに簡単にでるわけないじゃんって叫びたかった。

それでも気持ちをおさえて大変だった出産の話をしようと思ったのに、私の話なんて全く聞く耳持たず。

初めての女の子の孫を抱っこし、写真を撮り、里帰りはどれくらいするのか聞き、嵐のように帰って行きました。

残されたのはすっかり冷めた私の夕食。

まさかこんな悪夢が待っていようとは思ってもみなかった。

主人も実の両親の失態に呆れる始末。

今後の孫フィーバーが不安になる悪夢の時間でした。






790 bc15h19o 2019/01/11(月) 17:01 0 コメント 12アクセス 0

コメント