育児書通りにいかない育児。でもあることがきっかけで急変した息子

書き込み

長男の育児で1番辛かったのは、幼稚園時代でした、オムツが取れるのもかなり遅かったりで、結婚して初めての子供だったので、育児にも自信ないし、分からない事だらけで、この時が本当にきつかったです。

育児書通りにもいかないし、その他の先輩ママ達に聞いても、幼稚園くらいで絵本をもう読めたり、字を書くのも出来る子供多いらしいよ?みたいに言われ焦りました、だって我が家の長男は文字の練習を何回もさせてもまったく書けない、覚えない息子でした。

変に強制的にさせたりしたら、嫌がって泣き喚き、しまいには絵本も投げ捨てて、えんぴつも持ちたがらないようになり、この頃から幼稚園でもお友達とトラブルだらけ、幼稚園の先生の言う事は聞かないしで、何でうちの子供にか限ってこんな風になるのか私が悪いのか、悩みました。

この頃くらいにテレビとかで、学習障害の特集みたいな番組があって、何個かの項目が当てはまると学習障害の可能性があるって内容でしたが、何個か当てはまる事もあり、すごく主人と2人で心配になりネットで調べたり頻繁にしていた事もありました。

親の気持ちも知らないで、とうの本人は好きな事には集中できるみたいで、少し様子を見ようと結論づけをして、そのあたりから方向を変えて見ました、勉強をさせずに空手を習わせたんです、そしたら驚く事に行きたくないって言う事も無いし、楽しんで行くようになったんです。

それと同時に幼稚園から小学校に上がったくらいで、他のお友達より、遅いスタートでしたが、自然と読み書きもできるようになっていったんです、やはり小学校の担任の先生が息子の良い部分を引き出すのがうまかった事、それと空手の先生や仲間に恵まれた事が息子には良かったみたいです。

息子の育児の愚痴ばかりだった私も、それを経験してから、焦りは禁物、色々なタイプが居て、早いか遅いかだけなんだと考えるようになりました、今は長男も成長してのんきに彼女とデートしたりしてます。






467 crpkzxsm 2018/09/20(月) 17:17 0 コメント 4アクセス 0

コメント