朝から晩まで1日中バタバタ。自分の時間があった新婚時代が懐かしい

書き込み

3歳と7ヶ月の二人の女の子のママです。

毎日毎日、時間に追い立てられていて、もうへとへとです。
何もかもほうり投げてしまって、どっか行っちゃいたいと思うこともしばしばあります。

勿論子供は可愛いし、下の子もお座りできるようになり、毎日の生活の中で、嬉しい事や楽しい事なども沢山あります。

 

でも、フルタイムで働いているのでやはり疲れてしまいます。

産休は1年間あるのですが、保育園に入るのが、0歳児は4月からのほうが入り易い、途中からはかなり厳しいと聞き、年度初めから働く事にしたのです。

幸い、2人とも同じ保育園に入れたので、それはとてもラッキーでした。

朝上の子にご飯を食べさせ、着替えをさせ、自分も出かける準備をします。

幸い主人が子煩悩で、子育てに強力的なので、その間に下の子にミルクを飲ませてくれます。

保育園には私が通勤途中なので連れて行きますが、預ける階が違うので、バタバタしてしまいます。

 

お迎えに行き、帰宅してから食事ですが、これもまたストレスを感じます。

と言うのも、とにかく上の子が食が細いので、せっかく作っても殆ど食べてくれません。

ほんの数口、口にするともうご馳走様です。

食べる事に対して、執着が無いというか、本当に悩みの種です。

 

自分のしたいように、思うように時間を使えていた独身時代、新婚時代がとても貴重なものだったんだな~と実感しています。






439 bfpxkgvt 2018/09/20(月) 17:38 0 コメント 4アクセス 0

コメント